いのなか、徒然ひとり言

40代おひとりさま、ぐだぐだな日々

どんどんと

労働に生活を占められている感じがしています。今までがゆっくりだったのになぁとか思いながら、働きながらの自立の難しさを考えるそんな日でした。

人生の余暇というか、遊びながら生活できるだけの労働と生活時間のバランスというか、己の体力気力計画力行動力というか、なんか全部のバランスがびたっとはまるそういうものはないだろうかと思うけれど、何がどうとか自分自身わかってないのでだれもわからないになってしまっているなぁと思いながら。

自己理解って奴が厄介なのかしらとか思いながら。