いのなか、徒然ひとり言

40代おひとりさま、ぐだぐだな日々

己の中で

なにか自分でできていくことに達成感とかよっしゃーやった!と思う気持ちを抱くことが自分の中で幸せと思う気持ちが強く、あ、日常の何気ない事で思うのですが(ゴミ出しとか、朝起きて布団を整えるだけでも自分偉いの人)

他人のためになにかをやってあげるみたいな気持ちは微塵もなくて、だからなんていうか…パートナーって必要なのか?みたいな(拗らせ)

 

前提に性的思考は異性なのですが、この情動を抱くことがあんまりなくて、ともすれば一緒に住むとかは経済的依存とか家事労働の搾取とか考えがちでまったく前向きじゃありません。

なんか結婚とかを就職と同じと考えてしまうのですよね…

会社なら一定のルールで気持ちまで求められないけど、対個人ならそのめんどくさい感情まで求めるし求められるしルールも不安定だし。

 

あ、書きながら子供っていう目標を共に持つ存在でパートナーなら納得かもと思いました。という事は、子供という目標がないのなら、ともにいる他人は異性でいる必要性がないかもしれませんが、それはそれでルールも感性も違う他人との契約するのは壁は大きい。

子供のいない既婚の人は私的には魂で呼び寄せあった二人なのかもなぁ~などと思ってしまいます。他人からは計り知れない色んな葛藤も苦労もあるんでしょうが。

結婚がそこまで崇高なものでもない気もしますが。

 

他人と家族になるっていうミッションの難しさ。

離婚した人もその問題にチャレンジした人か~と思うのと、1度もそういう経験ないと周りからの冷めた目線は本当強いのですが、

それよりも何よりも生活が一人でできるようになるは世の中的に厳しいのかな?と

そっちの道に意識も目線もいってしまいます。

いやむしろ生活はなんなくできてしまうから相手との一緒の生活という難しい事にチャレンジ?

ぐらい結婚とか深い人間関係に楽しみとか幸せ感より難しさやめんどくくさを感じてしまう。

一人は孤独と言われますが、他者がいても孤独ですしむしろ他者がいるのに孤独な方がより辛いと思う。

すべては己の気持ちなんでしょうが、人間自分が思う幸せとか楽しいとか思う方にしか心は動かないんじゃないかなと。

心が動かないと行動もしないしと感じます。

でも結局強い意志があるのかといわれれば、今はそう考えるけどねぇ~という。