いのなか、徒然ひとり言

40代おひとりさま、ぐだぐだな日々

仕事の認識

社会人になる時から、なりたいものとか夢とか目標とかさっぱりなく、

当時からオタクで創作活動とかしていたので、

社会には不適合だなという思いが強く、でもなにはともあれ実家からの経済的自立をしなければという思いにかられ、自己分析とかキャリアとか考えることなく就活をしてたのですが、興味のない情報を見ても応募する気もおきず、とりあえず労働条件で働いてるイメージのしやすい業種に何件か応募して玉砕。

情報収集もよくわかっていなかったため、期間の定めのある条件にあうところをということで有期雇用の臨時事務に。

 

今思い起こしても、就活と言ってもなにもわかってなくて、自己分析も業種勉強も仕事の種類とかなりたい自己の姿とかさっぱりかためることなく、目の前にあったものに飛びついたという感じで、後悔していないといえばうそになるけど、当時県外に出るほど裕福ではなくまた実家から独り立ちする気持ちを持ち合わせていなかったのです。

 

それと仕事は縁だし、行きたいと来てくださいがマッチングしないとたどりつけないし、やってほしいことがあるから募集してるんだよね?というそういう認識でした。そこから労働時間とか休みの日数。労働基準法で言われてることを守ろうとするところでないといられないと、自分のやりたいこととかがやれること(お金がもらえる事)とはイコールじゃないし、人を育てるなんて意識の会社があるのかという疑心暗鬼しかなく、それならば条件でホワイト会社でないとという働く前の前提条件がガチガチで、それ以外の価値観はなかったです。

これは今も手放せない価値観。

その後バイトで、レジ打ち入るもカスタマー受付からお金管理から退勤管理からして、なら事務有期雇用と変わんないじゃんと思い、

しかも季節の商品の自爆営業を正規職員にやられ、なかば強制的に購入を迫られ嫌で嫌でたまらなかった思い出から、興味のあることとか好きな事やる方がいいと、前の有期事務を再応募して生活しながらだったのですが、あいかわらず自分でやりたいこともキャリアを考えるとかもしなかったです。

 

それにしても、いまなら思う。人間関係という信頼の関係構築する前に正規職員からバイトに購入強要ってパワハラだよ?上手い事逃げ道言いながら言ってたけど雇用の力関係的に。私いまでもそこの店極力使わないようにしてるので本当従業員は巡り巡って顧客ってことを考えてほしい。その職員だけって事だけじゃなく、そんなノルマを正規職員にかしてるのか…勤めたくないなと思ったし、食品だったのでロスの関係からも必要な人に必要分って事じゃないの?という。

物が売れないって余分の消費するお給金ないものなと常々思います。